プログラミング

【命名規則】キャメルケース・スネークケース・ケバブケースについて解説

クラス名の命名規則について

キャメルケース、スネークケース、ケバブケースの3種類があります。

CSSに限らず、javascriptやPHPにおいて関数や変数でも、命名規則を用いる場面は多いです。

コーディングを始める前に、どのような命名規則に従ってコーディングしていくのかを決めてから始めることで、可読性が高くなることで改修コストが減り、バグの原因を抑えることが出来ます。

【キャメルケース】camelCase

単語の先頭を大文字にする命名規則です。

キャメルケースにも2種類存在し、全ての単語の先頭を大文字にするのがアッパーキャメルケースもしくはパスカルケースで、先頭の単語だけ小文字にするのがローワーキャメルケースと呼ばれます。

【スネークケース】snake_case

単語の間をアンダーバー( _ )でつなぐ命名規則です。

【ケバブケース】kebab-case

単語の間をハイフン( – )でつなぐ命名規則です。

命名規則をしっかりと決めることで、第三者がコードを見たときや数ヶ月後に自分で見たときに、クラス名を見ただけで、何を表しているかがわかったり、階層構造も理解できたりします。

これから、命名規則を意識しながらコーデゥングをして、可読性の高いコードを目指しましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
ProgRiro
エンジニアとして働きながら、プログラミングスクールの講師も務めています。 趣味はプログラミング、映画鑑賞、読書、ギター。 将来、フルスタックエンジニアとなり起業を目指して勉強中。 発信力をつけるためにブログやってます。 プログラミング初心者の方を全力でサポートします。